Home

モン 族 映画

洋画『モン族の少女 パオの物語』のレンタル・通販・在庫検索。あらすじや評価(ネタバレ含)キャストのおすすめ情報。中国・ベトナム国境沿いの山岳に暮す少数民族、モン族の少女を主人公に、少女の初恋と生みの母、育ての母を巡る切ない運命を描いた人間ドラマ. 第3世代の中でも特徴的なフロントマスクを有している1972年式は、年に公開されたクリント・イーストウッド監督・主演の映画『グラン・トリノ』で世界的に知名度が高まった。 グラントリノ モン族. 映画「モン族の少女 パオの物語 (Chuyện Của Pao)」の作品データベースです。映画のあらすじ、キャスト、監督など制作スタッフのほか、字幕の有無や日本語版DVDの発売情報など、映画「モン族の少女 パオの物語 (Chuyện Của Pao)」について紹介しています。. 『モン族の少女 パオの物語』は、ベトナム映画初のインディペンデント映画と言える作品です。 ベトナムでは、通常、国営の映画会社によって映画が制作されますが、本作品は、政府からの資金と民間のスポンサーを得て制作されています。.

モン族は中国の雲南高原やベトナム、ラオス、タイの山岳地帯に住む山岳民族のこと。 モン族とは中国ではミャオ族、タイではメオ族と呼ばれていますが、彼らにとってこれは蔑称なので彼らは自らを「自由」を意味するモン(Hmong)と呼んでいます。. 『グラン・トリノ』を再見。良い映画でした。ラスト、モン族のギャングたちは「長期刑になる」との台詞があります。どのくらいになるのでしょう。「丸腰の老人を、5人くらいで一方的 に射殺」の量刑は、どのくらいですか? 終身刑でしょうね。ことば通り死ぬまででられない。Parolehearing. モン族は、中国南部の貴州省や雲南省、タイ、ラオス、ベトナムなどの山岳地帯に住む民族。 ベトナム戦争でアメリカ側についたが、アメリカ側がまさかの敗北。 戦争に敗れると、見捨てられたモン族は行き場を失い、共産勢力による返り討ちに遭い虐殺.

一方、モン族のギャングが、タオにさらなる嫌がらせを加えた。 顛末を聞いて激昂したコワルスキーはギャングに報復するが、その報復としてギャングはタオの家に銃弾を乱射し、スーを陵辱する。. 映画 モン族の少女 パオの物語 (英語版) - ゴー・クァン・ハーイ・監督(年 ベトナム) グラン・トリノ - クリント・イーストウッド・監督(年 米) ドラマ グレイズ・アナトミー (Season 2, 第5話 年 米) 脚注. 映画「グラン・トリノ」の掲示板「レビューに関する補足(中国人とモン族)」です。具体的な内容に踏み込んだ質問や議論. そこでモン族はアメリカに逃げ込んで来たのです。 言い換えれば、 モン族は朝鮮戦争から始まる米ソの代理戦争の被害者であるわけです。 コワルスキーはそんなモン族にたいして、朝鮮戦争で殺害したアジア人の影がちらつき、罪の意識があります。. そこで彼はモン族の人たちと知り合いになり、移民である彼らを映画で採り上げるのはいい方法だと思ったわけだ。 だからほかの民族文化を描い.

戦争のために、モン族は様々な人生を歩んで来た(クリント・イーストウッド監督・主演の映画「グラントリノ」では、米国に渡ったモン族たち. モン族にまつわる映画として、ドキュメンタリー映画「裏切り」?という作品があるらしいのですが、なかなか探せないでいます。映画「グラン・トリノ」以外でと探しております。御覧になった方いますか? こんにちは。もしかしてですが、以前NHKBSで放映された「私の戦争は終わっていない. モン族の少女 パオの物語(年7月28日公開)の映画情報、予告編を紹介。中国との国境地域のベトナム最北部で暮らす、少数民族モン族の女性たちのドラマ。. モン族以外では、同じような経緯でビルマ(ミャンマー)から逃れてきたカレン族などの難民(約15万人)が同じような状況におかれています。 この間、タイ政府とラオス政府は「ラオス・タイ国境安全委員会」を年5月に設置し、年末までにモン族を. モン族とは、映画を観た後webで調べてみたけど、 正確な情報が載っていないぐらいの少数民族なのかも。 実際ハリウッドのメジャー作品に登場したのは、 これが初めてらしい。 クリント・イーストウッドのこだわりを感じたのが、.

モン族( - ぞく、Mon)は、東南アジアに住む民族の一つ。 古くから東南アジアに居住しており、ハリプンチャイ王国を建てたことで有名で、後にミャンマーのペグーに移り住んだのでペグー人(Peguan)とも言う。 モン 族 映画 See full list on elephantmask. ※この映画はまだ評価がありません。 ストーリー ベトナム北部の山岳地帯に住む少数民族、モン族の少女、パオの物語。 小さな村で暮らすパオの父は、昔、子供ができない妻のことで周囲から圧力を受けていた。. モン族の少女 パオの物語の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。ベトナムの最北部に暮らす少数民族モン族の村を舞台に. みたいな似たような構造の映画を観たことがあったなーと考えて、行きついたのは「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のブラッド・ピットが演じる主役がそんなだったなーと。 あの映画の場合は、主役の男が戦争の捕虜となって、チベットに逃げ込んで若かりしダライ・ラマ14世と交流するわけですが、この「グラン・トリノ」では、アメリカの市街地にタイやラオスの少数民族の「モン族」が住んでいて交流するといった感じです。.

モン族は、東南アジアや中国の山岳地方で生活する少数民族の一つです。 ラオスのモン族は、ロー氏やハー氏など5つの氏族を中心に生活を営んでいました。しかし19世紀に入るとフランスによる植民地統治政策の一環で、ロー氏系を差別、圧迫します。. 簡単に言うと、偏屈な頑固じいさんが近所に住む少数民族と付き合い、彼らを理解し、尊敬しあう関係になるという映画。 過去に観た映画で、性格の悪い男が、一人の少年と出会い、性格が良くなっていく. 。 グラン・トリノがかっこよかったので描きたかった、それだけです。 ↓よろしければポチッとお願いします。. モン族はミャオ族と同様に三苗に民族的起源があり、古代には洞庭湖付近から揚子江下流域にかけて居住していたと考えられる。18世紀初頭から、漢族に押し出される形で徐々に南や南西方向へ移動を始めた。 第一次世界大戦期の1918年から1921年にかけて、インドシナ北部でフランスやタイ族領主からの収奪に反抗し、モンの独立を究極の目標としたパー・チャイの反乱(英語版)を起こしている。 モン 族 映画 第一次・第二次インドシナ戦争のときに、フランスとアメリカ合衆国はお互いに南北ベトナムおよび共産主義者パテート・ラーオの武装勢力と闘うため、ラオスのモン族を数十万雇った。 ラオス領内におけるアメリカの反共破壊工作は「ラオス秘密戦争」と呼ばれ、CIAが指揮を執った。ラオス領内には、北ベトナム軍が南ベトナムのベトコンに支援物資を送るための「ホーチミン・ルート」と呼ばれる補給路が存在した。ラオスは中立国だったが、米軍はこの補給路を断つため総量で200万トン以上におよぶ爆撃を行った。ラオスへの爆撃はニクソンによる北爆停止宣言後も行われるほど執拗なものだった。 この爆撃と並行して行われたのが、バン・パオ将軍率いるモン族部隊による補給路の破壊工作である。CIAは金属すら見たことのないモン族に銃の使い方から戦闘機の操縦法まで、ありとあらゆることを教え込んだ。モン族の部隊は破壊工作のほか、「サイト85」とよばれる米軍のレーダー基地の守備にもあたった。彼らはラオスの首都ヴィエンチャンから北へ約200キロほどの場所にあるロンチェンの秘密基地を本拠地とした。この基地は1960年代〜70年代当時は地図にも記載されておらず、「世界で最も秘密の場所」と呼ばれた。前述のバン・パオ将軍の家もこのロンチェンにあった。 アメリカがベトナム戦争に敗れると、モン族は見捨てられ行き場を失った。彼らの多くはベトナム軍、ラオスの共産勢力、パテート・ラーオの三者による掃討作戦で返り討ちに遭い、女、子供も含めて虐殺された。数十万のモン族が政治亡命を求めタイに逃げた。これらの難民数千人が1970年代後半から欧米諸国、主に米国、またオーストラリア、フランス、フランス領ギアナ、カナダ、および南米に移住している。その他は国連の本国送還プログラムのもと、ラオスに戻った。ベトナムとカンボジア内戦をめぐって対立したタイや、中越戦争でベトナムやラオスと敵対した.

「モン族の少女 パオの物語」の上映スケジュール・上映館・あらすじ・感想レビュー・みどころ・スタッフ・キャスト・予告篇を紹介します。モン族の少女 パオの物語の上映時間までに映画館に間に合う乗換案内も提供。. 単純に映画のタイトルにもなっている「グラン・トリノ」を描いてみました。 フォードの自動車工のウォルトと対照的に日本車のセールスマンでトヨタのランドクルーザーに乗る息子。 モン族ギャングはホンダのシビックに乗ってたりするわけですが、日本人から見ても70年代のフォード「グラン・トリノ」はカッコいい車です。 タイトルこそグラン・トリノですが、ウォルトは普段はボロいフォードのトラックを乗り回してて、ウォルトがグラン・トリノを乗るシーンは一切出てこないんですけどねw 最初に人がグラン・トリノに乗るシーンはウォルトが殺された現場にタオ、スー姉弟が乗って来るシーンですからね. また、『モン族の少女 パオの物語』はベトナム映画初の、インディペンデント映画。 社会主義国ベトナムでは、国営の映画会社によって映画が作られるのが一般的だが、本作は、ハーイ監督の脚本が政府による審査で高く評価され、政府からの資金と民間. See full list on wpedia. 元々モン族は中国の雲南省辺りで暮らしていたが、漢民族に支配されることを嫌い、漢民族の迫害を受けて中国からベトナムやラオスを南下し、その移動途中で不便な山谷(即ち安全な場所)に分派して彼らの村を作りながら、タイには19世紀に移り住んだ. モン 族 映画 モン族の少女 パオの物語 の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォト.

モン族の「モン」は自称であり、モン語で「(自由な)人」・「我々」・「自由」といった意味がある。「白モン」「花モン」など民族衣装の色調に基づいて類別された呼称は他の民族が付けた他称であり、タイでの呼称「メオ(Meo)」はモン族からは蔑称として捉えられている。 アニミズム・シャーマニズムを信仰し、クロスステッチを多用した民族衣装が著名である。モン族全体で漢族に似た30ほどの姓があり、1つの村は1から10種類の姓の父系出自集団によって構成される。家族形態は核家族または既婚の息子家族が同居する拡大家族であり、一夫多妻婚やレビラト婚も存在する。 モン族の本来の生業は移動開拓する焼畑農業であり、海抜千数百メートル程度の山地を開墾し、地力が衰えると放棄し移動した。主な作物は陸稲やトウモロコシだが、かつてはアヘンケシの栽培で有名となった。 近年は、芥子栽培の禁止と焼畑の耕作制限によって常畑農耕による定住生活に切り替わりつつある。. Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. 舞台はミシガン州デトロイト。かつては自動車産業で栄えた都市だが、今や日本車の台頭で登場人物のほとんどはトヨタやホンダといった日本車に乗っている。 また、東洋人やラテン系の移民も多く、ギャングの多い治安の悪い都市となっている。 物語はポーランド系米国人ウォルト・コワルスキーが、妻を亡くし葬儀を執り行うところから始まる。 朝鮮戦争への出兵経験もあり、偏屈で頑固者のため息子やその家族からも煙たがられる存在で、フォードの自動車工として長年勤めあげ、愛車のグラン・トリノを誇りにしており、メンテナンスは欠かさない。 妻に先立たれたため、愛犬のデイジーと一緒に暮らし、退役軍人バーや床屋などで友人と悪態をつき合う日々であり、亡き妻の頼った神父も毛嫌いする日々。 ある日、彼の家に、ギャングに脅かされ、グラン・トリノを盗むよう指示された隣の家の少年タオが忍び込むが、コワルスキーの構えた銃の前に逃げる。 しかし、タオが母親と姉のスーとともに謝罪に訪れてからウォルトとタオの交流が始まるのであった。. 隣人が少数民族のモン族だったということも、この映画では重要なポイントとなっている。朝鮮戦争で罪のない人たちまでを殺してしまったことで心に傷を抱えているウォルトにとって、隣人の東洋人たちは厭でもそのことを思い出 させたことだろう。. 中国雲南省でミャオ族が清朝に迫害されてラオスまで逃げて、モン族と呼ばれるようになったそうです。 映画「グラントリノ」にモン族の家族が登場し、主人公のコワルスキーと関わることになるが・・・彼らがどういう経緯でアメリカに移民したんだろう?. 先日、クリント・イーストウッドの新作「グラントリノ」という映画を観ました。バンコク屋でも販売しているスカートでおなじみタイ北部のモン族の一族がイーストウッドのご近所さんとして出ていました映画では、移民大国アメリカの田舎町で、一族の伝統や誇りを守りつつ暮らしている. モン族( - ぞく、Mon)は、東南アジアに住む民族の一つ。 古くから東南アジアに居住しており、ハリプンチャイ王国を建てたことで有名で、後にミャンマーのペグーに移り住んだのでペグー人(Peguan)とも言う。.

『モン族の少女 モン 族 映画 パオの物語』は年の映画。『モン族の少女 パオの物語』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール.